第4回金沢大学子どものこころサミットが、11月30日―12月2日に開催されます。
子どものこころサミットホームページ

h29.4.26
 平成29年度の協力者を募集します。 ・自閉スペクトラム症の5-6才のお子さん ・北陸地方にお住まいの方  ご協力いただける方は、電話(080-2963-8434)、またはメール(bambiyoyaku@yahoo.co.jp)にてご連絡下さい。 何卒よろしくお願い致します。

h29.3.16
 平成29年度の協力者募集について。自閉スペクトラム症の5-6才のお子さんで北陸地方にお住まいの方を募集する予定です。詳細が決まり次第、お知らせ致します。

h28.12.6
 今年度の自閉スペクトラム症のお子さんの募集は、定員に達しましたので、終了させていただきます。再び公募する際には、このホームページ上でお知らせ致します。ご協力有難うございました。

h28.4.6
 平成28年度のお子さんの募集については、現在、対象者・年齢など検討中です。公募する場合、このサイトにてお知らせ致します。

h28.2.3
 検査スタッフの吉村優子先生の研究成果が、米国科学雑誌「Autism Research」に掲載されました。(タイトル:Atypical development of the central auditory system in young children with Autism spectrum disorder)

h28.1.6
 検査スタッフの高橋哲也先生の研究成果が、米国科学雑誌「Human Brain Mapping」に掲載されました。(タイトル:Enhanced brain signal variability in children with autism spectrum disorder during early childhood)

h27.6.12
 検査スタッフの長谷川千秋さんの研究成果が、米国の科学雑誌「Psychiatry Research」オンライン版に掲載されました。(タイトル:Changesinautistictraitindicatorsinparentsandtheirchildren with ASD:Apreliminarylongitudinalstudy)

h27.4.30
 平成27年度のお子さんの募集については、現在、対象者・年齢など検討中です。ご協力をお願いする場合、HPにてお知らせ致します。
 なお、今後は北陸地方にお住まいの方を対象とする予定ですので、ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。

h27.1.19
 第3回金沢大学子どものこころサミットの講演動画が公開されました。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
第3回金沢大学子どものこころサミット講演動画集

h26.8.19
 今年度の自閉スペクトラム症のお子さんの募集は、定員に達しましたので、終了させていただきます。再び公募する際には、このホームページ上でお知らせ致します。ご協力有難うございました。

h26.8.8
 検査スタッフの吉村優子さん(日本学術振興会特別研究員)の研究成果が、米国の科学雑誌「NeuroImage」オンライン版に掲載されました。(タイトル:A longitudinal study of auditory evoked field and language development in youngchildren)

h26.3.7
 金沢大学子どものこころサミットが、11月27日―29日に開催されます。
子どものこころサミットホームページ

h26.1.6
 昨年11月4日に東京で開催された、NCNP市民公開講座「発達障害の子どもたちのために社会ができること」(国立精神・神経医療研究センター主催)での菊知充先生の講演(タイトル:発達障害児の行動をもっと理解する:最先端の脳科学研究から)のスライド動画が、同センターホームページに掲載されています。他の講演者の講演につきましても、同様に閲覧できますので、是非ご覧ください。

h25.11.11
 検査スタッフの吉村優子さんが、第43回日本臨床神経生理学会(11月7日−9日)において優秀ポスター賞を受賞しました。(タイトル:3-7歳の自閉症スペクトラム障害児における聴覚野の特殊な発達と言語能力の関係:小児用MEGによる研究)

h25.10.11
 検査スタッフの吉村優子さんらの研究成果が、英国科学専門誌Molecular Autism電子版に掲載されました。タイトル:(Atypical brain lateralisation in the auditory cortex and language performance in 3- to 7-year-old children with high-functioning autism spectrum disorder: a child-customised magnetoencephalography (MEG) study)

h25.1.29
 三邉義雄教授と菊知充特任准教授らの論文「A Custom magnetoencephaligraphy device reveals brain connectivity and high reading/decoding ability in children with autism.」が,英国科学雑誌『Scientific Reports(ネイチャー姉妹紙)』(オンライン版)に掲載されました。

h25.1.16
バンビプランの母体となるほくりく健康創造クラスター(三邉義雄教授グループ)が共催する「発達障害を科学する“ガチ!”研究者会議」が平成25年2月16日(土)に石川県政記念しいのき迎賓館で開催されます。国内外から最先端の研究者をお招きし、学術的内容の濃い国際フォーラムとなりますが、どなたでも入場できます。午後1時から3時には市民向けのセクションもございますので、是非ご来場ください。
英語ポスター
日本語チラシ
市民向けチラシ

h24.6.18
吉村研究員より、ADOS(Autism Diagnostic Observation Schedule:自閉症診断観察スケジュール)協力者募集のお願いです。自閉症(スペクトラム)の診断を受けていて、英語を話せる(理解できる)7歳以下のお子さんがいらっしゃいましたら、ご協力ください。
終了しました。ご協力ありがとうございました。

h24.4.25
上野沙奈絵研究員、横河電機奥村栄一氏らの研究グループによる研究成果がNeuroscience Lettersに発表されました。

h24.3.19
 3月16日〜18日に研究成果発表会「第2回金沢大学子どものこころサミット」が開催され、盛況のうちに終了しました。

H23.10.24
バンビプラン参加者のデータをもとにした研究成果が10月19日付の“The Journal of Neuroscience”という米国科学雑誌に発表され、新聞・TV・ラジオなどで報道されました。

H23.1.4
12月29日の北日本新聞に三邉教授の紹介とともにバンビプランの取り組みが掲載されました。

H22.11.29
11月26日(金)・27日(土)に開催されました第1回金沢大学子どものこころサミットは、盛会のうちに終了しました。ご尽力いただきました関係者の皆さま、また、ご来場いただきました市民の皆様に心より御礼申し上げます。

H22.9.9
11月26日(金)・27日(土)に金沢大学子どものこころサミットが開催されます。ホームページも完成しましたのでぜひバナーよりお進みいただき、御覧下さい。

H21.8.5
8月29日に三邉義雄教授が金沢市文化ホールにて「21世紀の精神医学―特にこどものこころに注目して―」と題して講演します。

H21.6.22
6月21日に催された第173回北陸精神神経学会で、「バンビプランの紹介 ―広汎性発達障害の診断・治療・経過観察総合システムの開発―」と題した講演が行われました。

H21.6.15
6月12日〜13日に催された第36回日本脳科学会シンポジウムで、「バンビプラン−広汎性発達障害の早期診断システム開発のための調査」と題した講演が行われました。